memorandum

備忘録

2018.05.29

JavaScriptで日時を表示する

まずは、現在の日時をDateオブジェクトにより取得

now = new Date(); 

さらに、取得した日時より必要な日時を取り出す

// 年を取得
y = now.getFullYear();
 
// 月を取得(月の取得は0~11の値が取得されるので、1をプラスする)
m = now.getMonth() + 1;
 
// 日を取得
d = now.getDate();

// 曜日を取得
w = [ '日', '月', '火', '水', '木', '金', '土' ][ now.getDate() ];
 
// 時を取得
h = now.getHours();
 
// 分を取得
i = now.getMinutes();
 
// 秒を取得
s = now.getSeconds();

これを利用することで、日付の比較や特定期間の実行などが可能になる。
その他、表示のカスタマイズは以下の通り

//現在時刻をリアルタイムで表示
$(function(){
  setInterval(function(){
    $('#demo1').text(new Date());
  }, 1000);
});

// 1桁を2桁に変換する
m = ('0' + m).slice(-2);
d = ('0' + d).slice(-2);
MAIL制作・お見積りのご依頼
ご相談・お問い合わせ